サイズを自由に選べるトートバッグ

   

オリジナルトートバッグを作成する場合、あらゆるサイズが取り揃えられているところがあり、そのような会社なら好みのサイズを選ぶことができるのでとても便利です。どのサイズにするのかは、どんなときに使うのかによります。洋服を購入したときにお客さんに渡すトートバッグなら、a4サイズやそれよりもう少し大きなサイズが使い勝手が良いです。そして靴店のように幅のある商品を渡す時に使うなら、マチ付きのタイプにした方が良いです。付録やノベルティとしてプレゼントする場合は、お客さんに利用して欲しい時や対象年齢をを考えてサイズを選ぶと良いです。例えば、学生を対象にしているのなら、体操着などを入れるサブバッグとして使われることが多いと思うので、少し大きめが良いです。通勤に使うことが多い場合は、お弁当などを入れるケースが考えられるので、少し小さめが良いです。

特別大容量サイズは数が少ない

年末が近づくと大容量のサイズが人気となります。クリスマスシーズンはなんといっても玩具の販売数が多くなります。大きな箱に入った玩具を入れるためのオリジナルトートバッグは人気があります。大人もこの時期、小型家電や大きめのインテリアを購入する人が増えます。おしゃれなコーヒーメーカーや大きなクッションなどは、自分で購入する人もいますし、プレゼントする人もいます。そのとき、大容量のオリジナルトートバッグはとても便利です。クリスマス限定のカラーに少しおしゃれなデザインを加えればそれだけでラッピング効果があります。

便利な機能のデザインもある

トートバッグにはマチ付きかどうかだけでなく便利な機能があるものがたくさんあります。中でも近年人気があるのが、保冷保温機能のあるものです。毎年、夏の暑さ厳しくなる一方です。購入した食べ物が腐ってしまわないように、保冷保温機能のあるバックを利用している人はとても多いです。また、お弁当ブームとなっていますが、夏の暑さ対策のための保冷はもちろんのこと冬に保温効果のあるものは必需品といえます。飲み物などのおまけとして付いているとつい買ってしまう人も多いのです。小さいポケットが付いているものも人気あります。利用頻度の高いスマートフォンなどは、トートバッグの奥の方に入ってしまうと探すことが大変ですが、すぐに取り出せるポケットがあると容易に取り出せることができるのでとても重宝します。

ピックアップ記事

トートバッグの印刷方法について

トートバッグに印刷する方法は1つではありません。どの方法で印刷するのが良いのかは、素材や枚数によって異なります。印刷できる色数も印刷方法によって違います。また、バッグ自体の色と印刷する色の組み合わせで...

素材が選べるトートバッグ

オリジナルのトートバッグを作ろうとした場合、素材の多さに驚きます。素材によって価格が違うので、用途によって選ばなければなりません。仕上がってから思わぬ請求をされないように、しっかりとした価格設定をして...

トートバッグのデザインから印刷まで一括している企業

オリジナルトートバッグを作成する場合、バッグのサイズ、どのようなタイプにするのか、印刷するデザイン、枚数など様々な要素があります。そのときお願いした会社が外注していると、思っていた通りものができあがっ...

サイズを自由に選べるトートバッグ

オリジナルトートバッグを作成する場合、あらゆるサイズが取り揃えられているところがあり、そのような会社なら好みのサイズを選ぶことができるのでとても便利です。どのサイズにするのかは、どんなときに使うのかに...