素材が選べるトートバッグ

   

オリジナルのトートバッグを作ろうとした場合、素材の多さに驚きます。素材によって価格が違うので、用途によって選ばなければなりません。仕上がってから思わぬ請求をされないように、しっかりとした価格設定をしているところにお願いするべきです。印刷に関しても素材によって価格が違うケースがあるので、印刷後の価格も確認するべきです。対象者の顧客層によって素材を変えることも効果的です。

不織布素材のトートバッグ

安価な素材の不織布のトートバッグはとても人気があります。ファッションブランドショップが購入したお客様に渡したり、何かの付録としてつける時はこのタイプが多いです。耐久性が余りないので、手にしたお客さんが長い間使用し続けるには少し無理があります。それだからこそ気軽に季節によってデザインを変更したりすることが可能な素材です。色数も多いので、思い切ったデザインなども可能です。コットン素材のものも不織布程ではありませんが、安価な素材です。数点購入したらオリジナルトートバッグをプレゼントなどというキャンペーンの場合に活用しやすいです。ナチュラルなイメージがあるのでとても使いやすい素材です。しかし、いくら安価な素材だからといって、縫製がよくないものを選ばないように注意しなければなりません。たとえ学生を対象とした場合であっても、おしゃれを気にする年頃なのでパッと見のデザインだけでは心をつかむことができません。細かい部分にまで気を遣うべきです。SNSなどで情報に敏感なので、キチンとしたものを選んで味方につけるべきです。

元祖トートバッグといったらキャンパスバッグ

キャンパス素材のトートバッグは、通勤や通学で利用している人にとても人気があります。革のバッグと違い軽いので、たくさんの荷物を入れても負担がありません。汚れたら洗うことができるので、気兼ねなく使うことができます。同じようにデニム素材も人気ですが、少しカジュアルすぎるのでオフィスによっては不向きかもしれません。また、デニム素材に印刷するとなるとかなり限られたデザインになってしまうでしょう。キャンパス素材やデニム素材は長い間使え、ファッション性にも優れているので人気がありますが、不織布のように安価ではありません。しかし、店舗のオリジナル商品として販売することもできますし、何かの記念に作成するときには最も適していると言えます。スポーツやダンスのチームなどでオリジナルのトートバッグを作るのも良いでしょう。

ピックアップ記事

トートバッグの印刷方法について

トートバッグに印刷する方法は1つではありません。どの方法で印刷するのが良いのかは、素材や枚数によって異なります。印刷できる色数も印刷方法によって違います。また、バッグ自体の色と印刷する色の組み合わせで...

素材が選べるトートバッグ

オリジナルのトートバッグを作ろうとした場合、素材の多さに驚きます。素材によって価格が違うので、用途によって選ばなければなりません。仕上がってから思わぬ請求をされないように、しっかりとした価格設定をして...

トートバッグのデザインから印刷まで一括している企業

オリジナルトートバッグを作成する場合、バッグのサイズ、どのようなタイプにするのか、印刷するデザイン、枚数など様々な要素があります。そのときお願いした会社が外注していると、思っていた通りものができあがっ...

サイズを自由に選べるトートバッグ

オリジナルトートバッグを作成する場合、あらゆるサイズが取り揃えられているところがあり、そのような会社なら好みのサイズを選ぶことができるのでとても便利です。どのサイズにするのかは、どんなときに使うのかに...